鹿児島黒牛について

鹿児島黒牛について

01

『鹿児島黒牛』ブランド

一般的になじみが深い『和牛』は肉用牛4つの品種(黒毛和種・褐色和種・日本短角種・無角和種)を総称した呼び名で、 日本で育てられている『和牛』の95%が『黒毛和種』という品種です。 鹿児島県は、その『黒毛和種』の生産量が日本一で全国の約19%(平成28年現在)を占めており、 全国的によく知られている銘柄牛も鹿児島で生まれた牛がたくさんいます。肉用牛を育てるには ストレスのない環境で美味しい餌を与えることが大事になってくるため、鹿児島から出荷された牛たちも、 整えられたそれぞれの環境で大切に育てられます。さらに、美味しさの条件としてもう一つ"血統"も大切な条件です。 『鹿児島黒牛』はこの"血統"についても日々研究を行ないながら、生産をしております。 鹿児島県では全国に先駆けて畜産試験場を設立し、薩摩の地に古くから飼われてきた在来種に 改良に改良を重ねて肉用牛の研究を行ってきました。昭和61年に鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会が発足して 『鹿児島黒牛』が誕生し、『鹿児島黒牛』というブランド名は平成9年に商標登録されています。


02

『鹿児島黒牛』が育つ環境

鹿児島県は最北端の出水市獅子島から奄美群島の与論島まで南北約600kmの長さがあり、 北部と南部では気候が大きく異なります。鹿児島と聞くと温暖な南国のイメージがあると思いますが、 鹿児島県北部に位置する北薩地区の1月の平均気温は氷点下まで冷え込みます。 そのような寒暖差の大きい地域ではゆっくりじっくりと牛が大きく育ちます。 また、鹿児島県南部の温暖な気候の離島では、餌や肥育方法で比較的強い子牛が育つ傾向にあり、 近年では離島から子牛を購入し肥育する本土の農家もいらっしゃるようです。 飼育方法には農家ごとに異なる部分がありますが、JAグループに登録している農家ではJAが管理している飼料が与えられており、 各地域の指導員による飼育指導や、農家の方々を集めた定期的な勉強会も行われております。


03

生産履歴がわかるシステム

平成15年6月に制定された牛トレーサビリティ法に基づき、国内で生産・飼育される 牛全頭に10桁の耳標が装着されるようになりました。この10桁の番号を"個体識別番号"と呼びます。 牛一頭一頭に違う番号が付けられており、専用のWEBサイトでこの個体識別番号を入力すると、 「どこで生まれて、どこの誰が育てたのか」を確認することができます。当サイトで販売する 『鹿児島黒牛』については、JA鹿児島県経済連のホームページより確認することができ、 その牛の生産履歴から放射線の自主検査の証明、黒毛和種であることの証明になる子牛証明書を確認することができます


04

日本一の和牛『鹿児島黒牛』

鹿児島が誇るブランド牛『鹿児島黒牛』は2017年9月に宮城県で開催された 『第11回全国和牛能力共進会』において、9つの区分のうち4つの区分で 1席(農林水産大臣賞)を受賞し、団体総合優勝を獲得して日本一に輝きました。  『全国和牛能力共進会』は5年に一度行われる大会で、全国の優秀な和牛を集め牛の改良成果や その優秀性を競います。2017年の宮城大会には全国から513頭の優秀な和牛が集められ、 鹿児島県からも予選を通過した30頭が出場しました。受賞した成績のとおり、『鹿児島黒牛』の 生産・肥育技術はとても高く、現在肉質最高ランク5等級の出現率は全体の4割を超えています。 これから全国・世界に向けて『日本一の和牛・鹿児島黒牛』をPRして、たくさんの方々に 『鹿児島黒牛』を味わっていただいき、ファンを増やしたいと思います。


05

鹿児島黒牛の販売

『鹿児島黒牛』は"指定店制度"を設けており、認定基準をクリアした店舗のみ 『鹿児島黒牛』という名前で販売することができます。2017年10月現在、 JAグループ以外の系統外の指定店は全国に289店舗あり、4割近くが関西地方にあるスーパー、 1割ほどが九州にある飲食店で、『鹿児島黒牛』を取扱っていただいております。 鹿児島県内ではJA鹿児島県経済連の関連会社である(株)Aコープ鹿児島の各店舗や各JAが運営する直売所、 生協コープかごしまで販売を行なっております。また、JA鹿児島県経済連直営の飲食店として、 鹿児島、福岡の博多や大阪の心斎橋、東京の銀座には『華蓮(かれん)』というお店があり、 『鹿児島黒牛』を使ったしゃぶしゃぶや、せいろ蒸し、ステーキなどをお召し上がりいただけます。



※下記より、華蓮の店舗やメニューをご覧いただけます。

華蓮ホームページ


ページトップへ