JA食肉かごしまの想い

JA食肉かごしまの想い

01

安心・安全の処理工場

(株)JA食肉かごしまでは、薩摩半島の南薩工場、大隅半島の鹿屋工場の2カ所の工場を運営しており、 公的な検査はもとより自主検査の徹底や、JAグループの定期的な検査・チェックを行い、 安心・安全に取り組んでいます。『鹿児島黒牛』は、鹿児島県の薩摩半島の南に位置する お茶で有名な知覧町の南薩工場で、主に処理・製造されております。また、南薩工場は 食品安全マネジメントシステムの世界共通の審査基準であるISO22000を取得し、海外輸出認定工場として、 国内はもとより香港やマカオ、アメリカなどの海外に向けても輸出をしております。  その他にも、南薩・鹿屋の両工場では"カット歩留まり向上"として、一頭からとれるお肉の量が増えるよう 努力をしております。大きな美味しい牛を育てる農家さんの努力を大切にし、"これからも頑張って美味しい 鹿児島黒牛を育ててください"という私たちの想いを農家さんにお返ししております。 ※カット歩留まり…1頭の牛からどのくらいのお肉がとれるかを表す指標


02

A5ランクの鹿児島黒牛

国内で販売される牛肉は、(社)日本格付協会によって、一頭一頭格付けされます。 その格付けの基準は"牛一頭からどのくらいのお肉がとれるか"を表す『歩留等級』と、 "霜降り度合、肉の光沢やしまり・きめ、脂肪の色沢や質など"の項目により格付けされる 『肉質等級』から成っています。『鹿児島黒牛』は肉質等級5等級の出現率が全体の4割を超えます。 当サイトでは、その肉質等級最高ランクの5等級で、さらに歩留等級最高ランクAの 『牛肉格付け最高ランクA-5等級』の鹿児島黒牛のみを販売しております。きめ細かく柔らかい肉質に、 バランスの良く織り込まれた不飽和脂肪酸と呼ばれる融点の低い霜降りが織りなすトロけるような食感と、 繊細ながらもしっかりとした肉と脂の旨味が特徴の『鹿児島黒牛』を、是非皆様にお召し上がりいただきたいと思います。


03

鹿児島県内外のイベント等での販売

『鹿児島黒牛』は鹿児島県内では(株)Aコープ鹿児島の各店舗や 各JAが運営する直売所、生協コープかごしまで取り扱っております。 また、鹿児島県内で行なわれる鹿児島県や鹿児島市主催のイベントなどでも 『鹿児島黒牛』の販売を行なっており、最近ではPRキャラクターとして登場した "ゆるくないキャラ"『ギュージンガー・ブラック』と併せて、鹿児島県内の皆様に 周知いただいていております。鹿児島というとよく耳にするのは『鹿児島黒豚』ですが、 『鹿児島黒牛』は一度食べていただくと、皆様そのあまりの美味しさに驚かれます。 是非、日本一の和牛に輝いた『鹿児島黒牛』を、多くの方に召し上がっていただきたいです。

黒牛について JAかごしまの想い

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 年末年始休業

営業時間は、平日9:00~17:00までです。
土曜、日曜、祝日はお休みいたします。
尚、インターネットでのご注文は24時間受け付けておりますので、どうぞご利用ください。

ページトップへ